青山みのりの部屋


by minorimay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:題詠マラソン2004( 1 )

001:空 花びらのゆくえを追えば初めてのYシャツを着た子の空がある
002:安心 夢ひとつ分の金貨で完璧なその安心を売ってください
003:運 たんぽぽの綿毛ふわりと踏切りに運ばれてゆく名も持たぬまま
004:ぬくもり 不器用になぞる指にはあらがえぬくもりときどき桜の吹雪
005:名前 草笛の調律をするA音で名前を呼んで(ここにいさせて)
006:土 究極の鯵の干物が置いてある店らしくない土和商店
007:数学 数学に解が必ずあることも明日が必ず今日になるのも
008:姫 君はいま小さな嘘をついたからもう永遠に姫と呼ばない
009:圏外 ありふれた天使の国の圏外に戦の絶えぬ星があります
010:チーズ 昨夜叱りすぎた報いかふつふつと舌にからまるチーズトースト
011:犬 綿雲の犬のかたちはわずかづつ神に召さるるごとく透けおり
012:裸足 赤々と終電の尾の光りいる川を裸足で渡りたかりき
013:彩 月よ月、彩度をあげよ 真昼間は帰る場所などないというのか
014:オルゴール 夕闇から逃れそこねたわたくしは螺子を巻かれて鳴くオルゴール
015:蜜柑 愛されぬことは醜い 剥きかけのまま朽ちてゆく蜜柑のように
016:乱 約束の語尾は乱れた 笹舟をはじいて沈む水きりの石
017:免許 ずっとずっと君に抱かれていたいから猫の免許を更新します
018:ロビー わたくしを映さない目とすれちがう紫陽花の香のみちるロビーに
019:沸 沸騰する間際の水のたわごとをやさしくつつみ降る小糠雨
020:遊 いつよりか澱み澱める身のうちに遊女をひとり飼っております
021:胃 鶴の胃をさがしあぐねて色紙のすじ幾重にも刻まれてゆく
022:上野 傷口をふさぐ術など知らぬままふたりの机上野戦病院
023:望 いつか見た虹のようだね「絶望」を「ゼッタイノゾム」と信じてた頃の
024:ミニ カーテンが緑のコンドミニアムで初めて朝の意味を覚えた
025:怪談 怪談のひとつと思う 轢死せし猫を無言でまたぎゆく子ら
026:芝 *か゜は鼻濁音のマーク 
      「青々と芝か゜茂る」と読むために伸びた夏草消しはじむべし
027:天国 天国にゆけぬ者らのしがみつく大地を覆いつくせ 粉雪
028:着 たどり着くべき融点をいくたびも探しあぐねて伸びる指先
029:太鼓 太鼓判押されなくても好きになることは前から決まってました
030:捨て台詞 捨て台詞のようにフェンスを軽々と越えてみえなくなった白球
031:肌 老齢の杉の大樹の肌ざわり懐かしむがに蝉は鳴きおり
032:薬 薬包紙の清潔すぎる真白さに抱くは嫌悪 そしておやすみ
033:半 半分に折りたたまれた秋空の短い辺がぼくたちの距離
034:ゴンドラ エストラゴンドライパセリを振りかけて惨めだなんてもう言わせない
035:二重 あやまちを許してくれるはずも無く二重の虹の端は欠けてる
036:流 ビル影の流線形となる不思議 ゼブラゾーンを足早にゆく
037:愛嬌 愛嬌を身につけぬまま世に出でてげに定かなる男おりけり
038:連 六年の連句の末に校舎より解き放たれて蝶となる子ら
039:モザイク いじめなど無いと言い切る教師らの声モザイクのように響きぬ
040:ねずみ 逃げ回ることに飽きたら名を捨てて戻っておいでわたしのねずみ
041:血 縫合で止まったものは愛なのか血なのか誰も告げてくれずに
042:映画 永遠につづく映画のエンディング・ロールみたいだ 席が立てない
043:濃 肯定も否定もしないやさしさとカップスープの濃さの目安と
044:ダンス 相槌が返ってこない窓際でダンスシューズの紐はほどけて
045:家元 青山家元気でいますこの街は濁音ばかり流れています
046:練 練習をすればするほど指先と音符との距離遠ざかりたり
047:機械 井野機械工場跡地 正午には風にかすかにまじるサイレン
048:熱 色づける紅葉のごとく早生みかんの緑にわかに熱を帯びたり
049:潮騒 貝殻を夢から覚ます術もなく袋をひそとみたす潮騒
050:おんな 身じろぎもせず夕立に濡れながらたたずむ猫もひとりのおんな
051:痛 <使い捨てカイロ>剥かれて抱かれて忘れられても痛くないから
052:部屋 猫の絵の日めくりだけが生きている部屋をふたりの楽土と思う
053:墨 薄墨は桜にあらず晩春の逢う魔が時を差す言葉なり
054:リスク 青でしか咲けぬリスクを知らぬまま野に揺れやまずオオイヌフグリ
055:日記 書き出しに迷うのならば日記には記さないまま死んでゆきます
056:磨 磨かれた空に足りないぬくもりを君は探していたのだろうか
057:表情 逢引きにゆく表情でランドセルはずませながら駆けてゆく子ら
058:八 待ちつづけ週も明けたる八日目を忘レ曜日と名付けたかりき
059:矛盾 求めずに責める矛盾に気づかない君へつながる糸がみえない
060:とかげ どこをどう愛せばいいの 切った尾をとかげおまえもいつかわすれる
061:高台 だれもだれもわるくないのに高台の屋根のひかりがこんなに痛い
062:胸元 胸元をうすくひらいて指を待つ娼婦のように熟れた無花果
063:雷 一番の冷え込みとなる前ぶれに雷おこしぱきりと割れた
064:イニシャル 鉛筆で前衛画家がイニシャルを描いたみたいに伸びる朝顔
065:水色 水色のひまわりなんて信じない。僕はあなたを信じていない。
066:鋼 うか、うかび、うかびたいのに心臓が燃える鋼のように重たい
067:ビデオ ビデオ屋のそこかしこには尾をたれた孤独な猫が迷いこんでる
068:傘 かつて傘なりし記憶は奪われて二度と芽吹かぬ樫の切り株
069:奴隷 テロ・自爆・奴隷にイッキ 受け売りの知識が常に正しい祖国
070:にせもの 蹴られても泣いても生きている限り僕は自分のにせものじゃない
071:追 勝敗に追わるる日々は名と共に命をけずる仕草にも似て
072:海老 もういいといわれてみたい日暮れ時 海老の背わたをいつまでも抜く
073:廊 ひと色にぬられた星は平和への長い廊下を歩みはじめむ
074:キリン ベランダに言葉を捨てにいくたびに悪いキリンになってゆくのね
075:あさがお 軒下に数多咲きたるあさがおは色とりどりの星座とならむ
076:降 わたくしにみえぬせつなき魂をなぞるごとくに降る桜花
077:坩堝 性格のさまざまなれば遺伝子は坩堝の極みとおもう夕暮れ
078:洋 まだ誰も信じられない雨上がり 太平洋はここにあります
079:整形 醜の字を整形しても崩しても美には変わらぬ現実がイヤ
080:縫い目 ユニフォームの背番号付け 正確な縫い目の裏にのこす苛立ち
081:イラク 落ち込めば落ち込むほどに新聞の【イラク】の文字は遠退きてゆく
082:軟 錯覚にすぎなかったと知った日は軟らかくない無花果を買う
083:皮 甘夏の果肉は皮にまもられてうなづくだけがやさしさじゃない
084:抱き枕 抱き枕だいて哀しいお話を聞きつつ眠るのがすきでした
085:再会 再会を誓って指をかわそうとすればするほど糸がもつれる
086:チョーク なりたいとなれるは別のものだからチョークの粉を指でぬぐいぬ
087:混沌 力量が結果とならぬ混沌の少年サッカー競技大会
088:句 言い差しの結句のようにもどかしい変奏曲の第2フレーズ
089:歩 からからとポプラ落ち葉は風にのり、走る時々歩く。秋晴れ
090:木琴 よその子の心の闇は遠すぎて木琴木琴やわらかく鳴れ
091:埋 ひと粒の種を蒔くたび埋葬の予行練習しているようで
092:家族 ぬくもりは万の言葉を越えられることを知るのが家族とうもの
093:列 切れぬよう日々をつなげて一列に糸を編みゆくことが人生
094:遠 母のない子熊が村をさまえるニュースをふたり遠く聞きつつ
095:油 ちりちりと加熱してゆく揚げ油 しあわせなんてこんなものかも
096:類 「君ダケヲ愛ス」の類のささやかな嘘を許して生きてきました。
097:曖昧 曖昧なヘッドライトに照らされた赤い止まれの曖昧な赤
098:溺 水切りの石が波間に沈むのをみている刹那 君に溺れる
099:絶唱 台風も絶唱なりと唱えつつ新聞を隅から読みなおす
100:ネット 永遠にふれえぬことに気がつかぬふりで続けるインターネット
[PR]
by minorimay | 2004-11-01 09:40 | 題詠マラソン2004