青山みのりの部屋


by minorimay
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブロック優勝!

今週末は豊橋の市立小学校のサッカー大会。
下の5年生の子は一応なんとか補欠にひっかかっての参加だった。

今日は3校づつ16ブロックに分かれての予選で、
第一試合3-1で勝ち。
第二試合2-1で逆転勝ち。
まずブロックで優勝!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

次に隣のブロックの優勝校との試合で、
これも前半は苦戦したものの5-2で勝ち!
PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★オメデトー♪

一昨年、昨年と上の子たちが果たせなかったベスト8に
今年は残ることができた。
最高!うれしい!!
もう、どれだけ顔文字を駆使してもたりないほどうれしい。(笑)

こういう大会だと、
普段は同じ少年団で肩をならべて練習している子たちと
敵味方にわかれて試合をすることになる。
相手の力量がある程度わかっていると
なおさら試合をみるのが楽しくなる。
今日は燃えましたよ~~~!!(笑)

明日は準決勝から。
ひとつでも勝てばベスト4に入り、
表彰されることになる。
がんばれ~~~~!!!!





・・・で、題詠マラソンはどうなる?(-_-;ウーン・・・
[PR]
by minorimay | 2004-10-31 00:43 | ひとりごと

だめだなぁ

夏休みが明けて以来、
絵本の読み聞かせの報告も全く滞ったまま。
(読んでるひと、どうせいないかな)
日々のプチ感動も記さないまま。
まーずーいー。
また「日常生活すべて拒否!」に戻ってはいけな~い!
という自覚はあるのだが、これがなかなか難しい。

日常のプチ感動。
たとえば、数日前のある日、急に水道の水が冷たく感じた。
昨年まで咲いていた白い彼岸花が絶えてしまったようだ。
上の子にかなり力を注いだのに、
2楽器の中間テストの成績がかんばしくなかった。
私と会話をする不思議な猫の姿を、ここ数日みなくなった。
初めて下の子が、学校の競書会で佳作をとった。
(でも下手だった)

などなど。
くそー。(なにが?)

今日は相棒とケンカをした。
お互い根の深さを感じるケンカで
ここで放棄してしまったらこの先ヤバイだろうな、と思ったので
とりあえず言葉数だけは増やしておいた。
子供に手も心も必要なこの時期、
それを手伝えない男親と、ひとりで背負う女親と
どこまでいっても平行線状態。
お互い孤独に陥る。
子供が味方でいてくれる分、母が有利かも。
んー。かなりめんどい。

題詠マラソンもあと30首近く残っているというのに
明日・あさっては、下の子の小学校の部活の市の大会。
6年生が主体なので出番はそうないかもしれないが、
とりあえず補欠に入れてもらっての参加。
昨年、上の子と共に戦ったの後輩たちが主役の大会、
しかも下の子と同じ少年団に所属の6年生がたくさんいるので
今回も目が離せない。

勝ってね。雨で延期にならないでね。悔いを残さないでね。
祈りはつきない。


んー、明日は応援にかかりっきりになってしまうし、
題詠マラソンの完走はできるのか?





(無理かもー)
[PR]
by minorimay | 2004-10-29 23:06 | ひとりごと

生まれてはじめて

今日は音読ボランティア講習会の日。
前回から例題文を録音してくる宿題が出るようになった。
全員の分のテープを先生が批評してくれるのだが、
前回は自分の下手さ加減に絶望してしまった。
そうか、自分で思っているよりずっと
私って何もできてないんだ。しくしく。みたいな。

だが、何をやるにしてもやるからには最下位争いなんぞは
死んでもしたくない性格なので(笑)、
今回は頑張りましたとも!
最近はほとんど皆無に近い集中力をかき集め、
耳を学生時代に戻して神経を研ぎ澄まし、
自分の声をくまなくチェックして何度も何度も録音し直した。

「青山さん、どうしたの。(どうしたのってとこがミソ・・・?)
すごくよくなってるわ!相当練習した?」
と先生からお言葉をいただき、内心ニンマリ。( ̄ー ̄)ニヤ
自分でも今日のテープの中では2・3番目くらいの出来だったと思う。
へん、これで劣等性返上だい。

ところで、次の言葉、どう読みますか?

①秋田犬   ②他人事

①は「アキタイヌ」が正解。
でもつい最近、「アキタケン」をひとつの辞書が掲載したことによって
一応正解にはなるのだとか。

②は「ヒトゴト」が正解。
「タニンゴト」という読み方は現代人が作り出した「新語」なのだそうだ。
だがこれも最近は掲載している辞書があるらしい。(←調べてない)

もうひとつ。次の当て字、どう読みますか?

①親の仇を「殺る」

②娘を「嫁る」

答えは、両方とも「ヤル」。
つまり音読でカセットテープに吹き込まれたものを聞いている限りでは、
「殺す」も「嫁がせる」も同じ文字の読みになるわけで、
う~ん、こういうのって難しいなぁと痛感した。


話は変わるけれど、昨日・今日と上の子が中間テストだった。
昨夜は4時間ほどつきっきりで英語を教えたのだが、
文法どころか単語すら覚えていなかったので
もう何をどう教えていいやら・・・。(-_-;ウーン・・・
でも三人称単数の動詞の語尾の変化、とか。
なんか懐かしかったなぁ。
昔は1回辞書を引いただけで発音記号までアタマに入ったのに
もうすっかり記憶の湖に沈んでしまった。
いや、底無し沼か?

で、帰宅した子に「どうだった?」と声をかけると
うれしそうに「まぁまぁできた!」との意外なおこたえ。

「生まれてはじめて、社会のテスト(彼は社会が苦手)で時間が余ったよ!
とにかくできるとこまでやろうって頑張って解答用紙をうめていったら
20分で最後の問題までいっちゃったんだ。
こんなの初めて!ちょっとうれしかったなぁ。」
だそうだ。

そうか、こんな「生まれてはじめて」もあるんだ。
これからもたくさんの「はじめて」に出会えるといいね。


だが、そんなほのぼのした気持ちにひたっていられたのも束の間、
テストが終ってストレスがたまりまくりの上の子と、
明日、4時半起きで御殿場までサッカーの練習試合に行くので
緊張しまくって機嫌の悪い下の子がケンカしまくり。
また普段通りの怒鳴りまくりの母にすぐ戻ったのだった。はぅ。


あ、そうそう、
明日は御殿場まで私も行く予定だったのだけれど、
一緒に行くはずだった友人が発熱してぶっ倒れてしまい中止に。
長距離運転だ~!とはりきっていたのに
なんか気が抜けたというかほっとしたというか、複雑な心境。
典ちゃん、はやく治るといいね。


なんやかんやと小忙しい(←こんな言葉はない)日々でしゅ。
[PR]
by minorimay | 2004-10-15 22:59 | ひとりごと

うれしい日もある

歌会の「黒」の歌は予想以上に票をいただき、
久々に1位だった。
いや、もちろん、単独1位ではなかったのだけれど。

歌会は緊張する。
その場で渡された詠草を読む時も、
選歌する時も、コメントを求められた時も。
でも一番は得票数の発表の瞬間。
(おねがい~、せめてゼロじゃありませんように~~!)
と心の中で祈りながら、
でも作者名がバレてしまうのでポーカーフェイスのまま、
ペンをそっと握りなおす。
このスリル(スリル?)をあじわうためだけに歌会に参加している、
と言っても過言ではないかもしれない。

しかも今回は、1年ちょっとぶりの歌人さん二人にも会えて。
うれしくてうれしくてはしゃいでしまって
荻原さんに「どうしたの?」とあきれられたのは私です。(笑)

自由題の歌もまぁまぁだったし
いい日だったにゃ~♪


んで、台風明けの日曜日。

下の子は町のお祭りのお囃子に太鼓で参加。
もともと音感が悪くないので、
無事に初めての太鼓演奏を終了。
ゲーム券&抽選券&お食事チケットと
山のようにせしめた爆竹(40箱くらい遊んだらしい・・・)を抱えて
ねずみ花火のように堤防へ飛んでいった。

上の子は中学校のサッカーの新人戦二日目。
2年生が8人(うち1人が幽霊部員)、
1年生が4人(うち1人が骨折中)という悲惨な状況で
仕方なく水泳部から3人ひとを借りてきての参加だったので
まさか予選一日目を勝ち進むだなんて誰も予想していなかった。
この日は準決勝と決勝。
普段は大ボラ吹きの上の子もさすがに緊張ですこし青ざめ、
口数も少ないまま会場へむかった。

少年団時代はレギュラーにも入れなかったのに
中学の部活ではほとんどの2年生よりずっと巧い。
うちの子がいいセンタリングを出しても
トップの先輩達が誰ひとりそれに合わせられなかったりして
「環境が変わればレベルも変わる」という現実に
なかなか順応できない時期もあった。
でも練習試合は常にフル出場させてもらえるし
「まわりから期待される快感」を初めて味わっているに違いない。

準決勝は少年団の時の仲間がひとりいる南陽中。
1点先取されてから同点に追いつき、そして逆転。
2年生のお母さんたちと一緒に、飛び上がってよろこんだ。
そしていよいよ決勝戦。
相手はやはり少年団の仲間7人がいる牟呂中。
毎年のように優勝している学校なので、
コーチも選手たちも余裕~って顔をしてて、ちょっとムッとする。(笑)
・・・やはり、巧い。どの子もみんな巧い。
なのにうちのキーパーが信じられないくらいゴールをしっかり守ってくれて
力の差は明らかなのに引き分けることができた。
延長戦も奇跡的に点を取られず、しかし取ることもできずに
引き分けに終った。
・・・ってことはどうなるの?と他のお母さんたちと顔を見合わせていたら
二校とも優勝なのだという。

え、優勝?!
わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪


優勝ときいた瞬間、みんなで半泣きで手を取り合った。
すごいよ、こんな寄せ集めのチームで!
部員数が4倍もいる相手と互角に戦えただなんて!
みんなひとりひとりが頑張ったからだよね!と。

うちの子は生まれて初めて
「ひとから期待されて」コートに立った。
うれしさもあっただろうが、プレッシャーもすごかっただろうと思う。
それに負けずに最後まで走り続けた姿、
ママはしっかり目に焼き付けたからね。
おめでとう。よかったね。

でも余談だけれど、うちの子は終った瞬間に青ざめていた。
準決勝で決定的なシュートチャンスにはずしてしまったことが
本人は悔しくて悔しくて情けなくて自分に絶望していたのだそうだ。
チャンスをモノにできるかどうかは
運と実力と経験。
あなたは今まで「経験」が足りなかったのだから
これから積み重ねていけばいいんだと思うよ。
がんばれ!

この日は少年団時代の仲間のお母さんたちにも久々に会えて、
懐かしい話や近況報告に花が咲いた。
楽しくて、うれしくて、ほろりとした一日だった。

うれしいことがあると、心がやわらかくなる。
[PR]
by minorimay | 2004-10-13 00:21 | ひとりごと

gooで「黒」を引くと

明日の東桜歌会のお題は、黒。
「黒」をgooで引いたら390件もヒットした。

黒揚羽、黒蟻、黒々と、黒胡椒、黒板、それに十八番の黒猫・・・。
いや~、びっくり!
なかなか自分ではおもいつかなくて。
(この驚きは、私のボキャブラリーが貧困なだけ?)

黒といえば、昨日、子供たちの傘を干そうとおもって手にとったら
上の子のは骨が3本も折れていた。
あのバカヤロー、知らん顔しやがって。
今年に入ってからだけでも、何本傘をダメにしたら気が済むんだ?
私は物持ちがとてもいいのに、誰に似たんだ?
今度ダメにしたら、ピンクの花柄でも買ってやろうか。
くそー。

・・・とかおもいだして、しばし作歌を中断。

で、黒と格闘すること50分、
なんとかあきらめのつく歌ができたので送信した。
自由題の方は、手持ちの歌をすこしだけリメイク。

徐々に題詠マラソンが重くのしかかってくる。
夢にみそう。(汗)
[PR]
by minorimay | 2004-10-07 01:23 | ひとりごと

まーずーいーー

本日の夕食メニュー。
ブリの照焼き、手羽元入りのお煮しめ、味噌汁。
子供と3人なのに、久しぶりの和食。
相棒の分はフリージングパックに入れて冷凍庫へ。
あ~、ブリの美味しい季節になったね~、とか話していたら電話が鳴った。

「今日、どうしたの?」と聞かれ、一瞬なんのことかわからない。
「中学校の朝市の集まり、来なかったでしょ?」

うーーわーーーー、まーずーいーーー!!

・・・すっかり忘れていたのである。(汗)

12月の初めに中学校のPTA主催でバザーがあって、
今日はその第1回目の話し合いだった。
地元では結構名の知れた催しで、動員数はかなりのもの。
つまり、準備も大変そうだ。

出欠票は出席に丸をつけて提出してあったのに。
手帳には書いてあるのに。
ヒマだったのに。
ブリの話なんかして和んでいる場合じゃなくて。

きみちゃん、連絡ありがとう。
無断欠席したことさえ気づかないままだったよ。
これからも(も?)どうぞよろしく。


あ、それとオーネットの短歌募集をみつけたのでご案内を。
もうみんな知ってるかな?
私は今日知ったので、明日以降につくる予定。

◆http://www.onet.co.jp/cnt00/msum/tanka/index.html

・・・ってちょっと待てよ、明日?
某歌会の締切りが明日で、
東桜歌会もあさっての午前中までで、
某歌会その2は金曜日が締切りだったような気が。
あ、題詠マラソンって10月いっぱいじゃなかったっけ。

うーわー。
どーする、アイフル。(違)
[PR]
by minorimay | 2004-10-06 00:14 | ひとりごと