青山みのりの部屋


by minorimay
カレンダー

<   2004年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

富士山、みてきました!

この季節にしてはほんの少ししか雪を冠していなくて
青い凛々しい姿だったが、
とてもとても懐かしかった。

美しく尾をひく裾野をもち、
天にも雲にも染まらずにたつ山。
あぁ、この国はこの山の下に生まれたのだ、と
見上げる者たちに思わせるだけの何かがある。

御殿場遠征はいろいろあったけれど、
ま、収支計算すればよしとしようという感じだった。
子供にふりまわされているうちが花、なのかも。

で、遠征から帰ってきてからのこの数日は
お約束通りしっかりダウンしていたのだった。(^_^;)
ミエッパリのナマケモノってホントにタチが悪いったら。
(↑反省の色がみえない)

明日からはいよいよお節料理作りがはじまる。
定番のメニューと材料をすべて書き出し、
調理予定日と鍋を割り振り(IHなので使える鍋が少ない)、
今日から買出しに走る。

毎年、お節料理作りの3日間は子供を預けるかわりに
自分の実家の分までつくるので、
2セット、6人分。
お煮しめ、花巻き卵、栗きんとん、なます、田作り、黒豆、かまぼこ、
昆布巻き、酢蓮、くわい、ゆり根、数の子、の予定。
昆布巻きの具(中身)はいろいろ試したのだけれど
我が家は生鮭が一番口に合うようだ。
鮭、いいのが手に入るといいな。

んでは、買出しにいってきま~す!
[PR]
by minorimay | 2004-12-28 13:55 | ひとりごと
◆近藤かすみさん

001:空 そんなにも遠くない気がしています今のわたしと空までの距離

011:犬 飼ひ犬が死ねばその日はちよつと泣き次を探すとあのひとは言ふ

012:裸足 まだきみの前で裸足になりしことなきと思へばすこしさみしき

055:日記 だれにでも裸体をさらすマネキンのやうな日記をまた読みに行く

085:再会 獄窓で母との再会待ちわびるローンサム・ハヤト平積みされぬ

無理のない比喩や表現・リズムの歌ばかりなのに、さり気なく上手い。
読み手が素直に共感できるのに、真似ができない。
このふたつを、かすみさんの100首を読んで感じました。
奇を衒ったり気負ったりせず、インパクトのある語に頼ったりもしない。
この姿勢って素晴らしいと思います。

それと自分と他者との距離のとり方がとても上手いと思いました。
「空」の歌の「わたしと空の距離」など秀逸ですよね。
それと「再会」の歌は、背景を知っている者にとってはほろりとさせられます。
時事詠は難しいのですが、この歌もいい距離で歌われていると思いました。

ひとつ気になったのは、
多分作者さんにはとても思い入れがある歌だろうと思われるのに
読み手である私には上手く伝わってこない歌がいくつかありました。
題詠だから上手くこなせた歌とそうでない歌があるのは当然ですが、
なんとなくかすみさんだと全て上手く歌われて当然!みたいに
私が思ってしまっているからかもしれません。


◆ベティさん

001:空 弥生なる響き似合わぬ寒空にまふゆのままの三つ星凍る

009:圏外 携帯の電源を切り膝を抱く今日あなたから圏外になる

033:半 残すところあと2部門で全制覇やけに半端な勤務経歴

081:イラク 理想とはときに野望に換わるものイラクの花は枯れず焼けゆく

094:遠 この夏を知らずに逝きし友のため久遠の果てへ飛びゆけほたる

多方面にわたり知識の豊富な方なのでしょう、
100首の中にいろいろな素材が散りばめられていて
興味深く読ませていただきました。
歌がひとつの色に染まらないというのはすごいことだと思います。

「空」や「遠」の静かで端正な歌いっぷりはとても好みでした。
「半」のとぼけた味のある雰囲気も面白く読ませていただきました。

ただ独自の発見や目新しい表現が少なく、
日記の一部のように感じられた歌があったのと、
お題に引きずられてしまった歌もいくつかあったように思います。


:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

やっと担当の5人の方の5首選を終えた。
ふと気づけばまた締切りギリギリ・・・。(汗)
ま、いっか。間に合ったんだし。

でね、今日、すごいものみちゃったの!!

夕食は下の子とふたりきりだったので、
せめてクリスマスらしくと思い、モスのチキンを予約した。

自宅から車で約10分弱。
毎日のように通っている道なのに、
なぜか今日は一本曲がるところを間違えてしまった。
「なんかボケてるね~」などと子と笑い合いながら
細い路地から本道へ合流するために車が切れるのを待っていたその時、
子が前方を指差した。

「・・・あれ、なに?トナカイ?」

前方とは片側二車線の国道である。
もちろんトナカイなどいるわけがない。
「や~ね~、トナカイが道を走るわけないでしょ!」
といいつつ右側車線をみた瞬間、

「うっそ~~~?!」

オープンカーの助手席にトナカイがふんぞり返って乗っている!
運転しているのはもちろん、サンタクロース!!

う~~わ~~~!!!とふたりで大騒ぎしていたら
トナカイが気づいて手を振ってくれた。
つづいてサンタも。

・・・そしてパニくっている母子を残し、
サンタはハンドルさばきもあざやかに走り去っていったのだった。
すごい。この経験はすごすぎる。
(多分、私はこの話を死ぬまで繰り返し話し続けるとおもう)

ふだん絶対に間違えない道を間違えたのも、
神様からのクリスマスプレゼントだったのかもね、といいつつ
子としあわせな気分で帰宅した。

メリー・クリスマス!
みなさまにもいいことがありますように!


でも、でも、明日は静岡県の御殿場なんだよ~。
4時起きで運転手なんだよ~。(ノ_・、) シクシク
富士山みてきましゅ。
[PR]
by minorimay | 2004-12-24 23:46 | ひとりごと

13才おめでとう

ふふ。
20日(月)にすごい集まりがあった。

最初はランチだけのはずだったのに、どうせなら歌会もという話になって
緊張しつつも終わった後にはすごい達成感があって
あ、私ってきっと、こういう疲れ方を求めてたんだなぁってわかった。

年が近いひとたちの話は、とても身近に感じられる。
犠牲にしなければいけないものが似ているから?

ひとはそれぞれ、年相応、あるいは環境に応じて
自分の形を変えていかなくてはならない。
独身で好き勝手していたオンナが結婚をし、妻となる。
嫁の位置も結構微妙なものがあるし、
すべてを犠牲にしなければならない母の立場となって、13年。
ねぇ、子供たち、今まであなたたちのためだけに生きてきた私を
すこしだけ自由にしてくれる?
罪悪感を感じさせずに、夜の外出をみとめてくれる?

最低限の家事しかできない私がいうのも何だけど、
もっと女は解き放たれていいはずだと思う。

この前、O先生が話していた。
皇室のA氏は、「間違えて皇室に生まれたのだ」と。
ひとはみな、親を選べない。
それと同じように、日本の女性は生き方の選択の余地が少ない。
生まれた国の呪縛(のようなもの)に囚われている。


月曜日の素晴らしく楽しい歌会から帰宅する途中、
上の子が左手首を傷めたという電話。
自宅に戻ってすぐ保険証を財布に入れ、病院へ。
幸いにして骨には異常がなく、捻挫だった。
翌日に弁当が必要だというので、上の子を自宅に送ってからスーパーへ。
帰宅したのは7時過ぎで、それから夕食を作って食べさせ、
単身赴任先から帰宅する相棒を待っていたのだが
あえなくダウン・・・。

翌日は上の子の13才の誕生日。
おめでとう!
早朝から上の子のお弁当を作って子供たちを送り出し、
所用でトイザらスやヨーカドーへ買い物に行き、
夕食は早めに焼き肉屋さんへ行ったはずだったのに
帰宅したのは夜10時過ぎだった。
それからアイスクリームケーキでお祝いをして
寝たのは深夜1時。
はっきり言って、疲労と睡眠不足から思考回路が停止状態。

んで、今日。
相棒の帰宅に合わせ、本日青山家のクリスマス会決行。
しかも年賀状の作成も同時進行だったので
宛先の入力とか子供の写真を撮ったりしていたら
他に何もしていないのに夕方になってしまった。
はっきり言ってふらふら状態だったので、
2時間だけ仮眠をとらせてもらってから夕食の支度にかかる。

前日から漬け込んだ骨付きチキンのロースト、
チーズ各種、テリーヌ(市販の)2種、生ハム、サラミ、
スモークサーモン、サンドイッチ2種、それに市販のピザ。
毎年多過ぎて残飯を冷蔵庫にしまうのが大変なのだけれど、
徐々に残る量が少なくなってゆく。(すごい)

・・・というわけで、なんとなく忙しい3日間でした。(^_^;)

某さんからいただいた歌集をやっと読んだけれど
コメントをアップするのは数日後になりそう。
ごみん、明日は休ませてください。
[PR]
by minorimay | 2004-12-23 00:16 | ひとりごと

努力しない

今日は下の子のU-11(*)の試合が知多であった。
我が街、豊橋からは車で約2時間。
・・・のはずだったんだけど、
帰路は行楽帰りの車で渋滞し、3時間もかかってしまった。
午前11時に家を出て、帰宅したのは午後6時。
走行距離は155km。疲れた~。

*U-11・・・アンダー・イレブン、つまり11才以下のことを差す

で。

同じ少年団所属のお母さんたちの中には
どうにも「合わないひと」がひとりやふたりいるもので、
今日もちょっとイヤな思いをすることがあった。


私はひとの好き嫌いが激しい。
初めて顔を合わせた瞬間、
「このひと好き」と思うひとと
「このひととは絶対に合わない」と思うひとがいて、
その第一印象はほぼ100%に近い確率でその後も変わらない。
目とアタマと性格と口が悪い分、
私は自分の嗅覚を信じている。

でも「好きなひと」が変わらないのは置いといて、
「合わないひと」には二通りある。

合わせようと努力する相手と、
合わなくてもいいやと匙を投げてしまう相手。
この違いってなんだろう。

「こっちは好きだけど相手は私のことを嫌うだろうな」という
やや歪んだ片思い的な心情ゆえか。

今日の相手は「合わなくてもいいや」のひとだったので
ぎこちない空気の後、それを修復しようという気持ちが私にまったく無くて
一瞬、会話が固まった。


ちょっと面白いと思ってしまったのも事実。
なんて性格の悪い青山。( ̄w ̄)プッ
[PR]
by minorimay | 2004-12-13 01:31 | ひとりごと
一昨日からすこし熱っぽい。
体調が悪いというほどではないのだが、
首のリンパ腺と肩が痛い。
上の子なんて「インフルエンザじゃないだろうな~。近寄るな!」とか
ここぞとばかり、にやにやしながらいぢめてくる。
かと思うと、ちゃんと行動でいたわってくれたりする。
ま、とんとんかな。(笑)

そういえば帰宅した相棒にまた、
「本当におまえは自分のことにしか興味がないんだな」
と言われた。
今、私が仲良くしている友人の年齢を聞かれて
記憶が曖昧だと答えた時。

そう、私はすぐにいろいろなことを忘れてしまう。
知り合いのご主人の出身大学名、勤務先、年齢、
友人の年齢、子供の数、上の子や下の子の学年、などなど。
精神的に不安定になる前からそうなので
これがたぶん、「天然」といわれるゆえんなのだろう。

私には、他人と比べられて叱られた記憶がない。
「あなたと他人では力量が違うのだから、
あなたなりに頑張ればいい」と育てられた。
これは親にとても感謝している。

でも、でも、「他人の細かいことに興味がない」のと
「自分のことにしか興味がない」のって
ちょっと話が違うと思うのだけれど。
・・・ま、いっか。


梨の実5首選の会のコメントをひとつ追加しました。
どうしても歌会のコメントを書く心境になってしまうので
言いたいことをどこまでセーブすればいいのかがわからなくて
とても困ります。(^_^;)


:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

◆蝉丸さん

010:チーズ 山に来て食べるお握りチーズサンドゆで卵順不同に旨し

017:免許 感情を操るに免許が要るならばこの人「免停」受話器置きつつ

060:とかげ アレルギーなどは有らぬか汚れたる溝川を出てとかげ輝く

063:雷 この夏の雷鳴幾度聞きたるや死刑執行されたるを聞く

098:溺 溺れやすき心にしみて一日ずつみかんが甘くなってゆく秋


日常生活でうっかり見過ごしてしまいそうなひとコマひとコマに照準を合わせ、
きちんと歌にしようとしている姿勢が伝わってきました。
そんな歌群の中にあって「免許」の歌はちょっと異色で、かなりこれは好きでした。
5首選には入れませんでしたが、「八」などもとても美しい写実の歌だと思います。

ただ字余りなどによる破調の歌がやや多いように感じられたのと、
たとえ写実の歌てあっても、作者あるいは作中主体の
何らかの感情が伝わるようにつくらなければ
読み手に深い感動や共感を与えることができないように思います。

感情が表面に出過ぎるとウルサイ歌になり、
上手く隠し過ぎてしまうと伝わらなくなってしまうのですから
とてもとても難しい課題ですよね。
すみません、偉そうにこんなことを書いていますが、
私もいまだ模索中です。
[PR]
by minorimay | 2004-12-11 00:30 | ひとりごと
梨の実5首選の会にぞくぞくと、選歌&コメントが寄せられている。
参加表明をした以上はきちんとこなさなければと思い、
とりあえず今日はお二方へのコメントを書き込んだ。

以下、そのままを掲載。

:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

◆emiさん

001 空 この空を切り裂いてゆくそれほどに辛いと言えばよいのだろうか

020 遊 お空には遊園地などないのだと知らされてただ俯いていた

054 リスク 君がいてコスモスさえも揺れていて背負うリスクも怖くなかった

075 あさがお このあさがおとうとにくるそれだけのやくそくでいいふゆはもうそこ

091 埋 この町がすっぽりと雪に埋もれればたぶん小さな嘘は許せる


素直な歌をつくる素直な方だなぁというのが、第一印象でした。
奇を衒うことなく静かなこの歌いっぷりには好感が持てます。
特に弟くん(実在か架空の人物なのかはわかりませんが)シリーズには
どの歌の根底にも愛情が感じられ、やさしい気持ちで読ませていただきました。

ただ句切れ・句跨り・字足らずの歌や、倒置による言い差しの歌が数多くあり、
これだけ多用した歌が続くとすこし読みにくいように感じました。
たとえば、061海の歌などは助詞を一字補い、
「海の見える/丘公園の/高台(で)/何も見てない/君を見ていた」とすると
ずっと読みやすくなるような気がします。


:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

◆野田 薫さん

005:名前 人形を「人形」と呼び続けてるあの子に名前をつけてください

016:乱 とうめいな空が乱れていくときは子供みたいな目をするきまり

020:遊 大都市の六畳一間でいつまでも遊牧民のふりをしている

041:血 あなたなんて一挙手一投足すべて血液型にこじつけてやる

050:おんな おんなのこみたいにわけがわからなくなって詩集にかきなぐった死


ショート・ショート的な面白さがあって、100首を一気に読み進めました。
私なんかにはとても思いつかないような発想の歌がたくさんあり、
歌をつくる楽しさを改めて教えてもらったような気がします。

ただemiさんがお書きのように、作者さんが表現したい事柄が多過ぎて
1首の中でぶつかりあってしまっている歌が多く見られたのと、
「AはBだからCである」と結論を言ってしまっている歌などは
発想が素晴らしいだけにちょっともったいないような感じがしました。

081:イラク 熱帯夜イラク磊落 心より残暑お見舞い申し上げます

5首選からははずしましたが、上手くつくってある歌だなぁと思いました。
このはずし方、距離の取り方は絶妙だと思います。

:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*


このところ最低限の歌会以外には参加をしていなかったので
だいぶ脳味噌が萎縮してしまっているようだ。
歌を読み、理解・把握し、心に浮かんだことを言語化するという
いたって基本的なことが上手くできない。
(私が担当するみなさま、ごめんなさい)

でも久しぶりのこの作業はとても楽しかった。

それぞれのいいところを探して言葉にし、
気になったことは言葉を選びながら書き進める。
他者へのコメントでありながら、
それがそのまま自分にそっくり返ってくる言葉だったりもする。
忘れていた大切な何かを思い出させてくれるきっかけにもなる。
それがどんな形であれ、
ひとと関わるというのは自分を育てることにつながるのだと
改めて気づく。

何かに似ている・・・?
あ、そうか、育児だ!
[PR]
by minorimay | 2004-12-07 23:29 | ひとりごと
下の子がサッカー教室に行く曜日が増え、
夜6時半から10時の送り迎えが週に4日もある。
6時半に家を出るということは、
夕食は5時半くらいにスタートしないと間に合わない。
毎週月・水・木・日曜日、夕食は5時半。
んなアホな。(泣)

2日(木)のお昼間は、音読ボランティア講習会の宿題録音。
大急ぎで帰宅して化けまくって東桜歌会へ。
深夜帰宅後、某ネット歌会の連作用の歌をつくって投稿。
午前4時半、就寝。

3日(金)の午前中は音読ボランティア講習会。
午後からお歳暮を買いに2軒お店を回り、
夕食の買い物をして帰宅。
午前0時就寝。

4日(土)は朝9時から、5日に行われる中学校のバザーの準備。
体育館に50人くらいのクラス・町役員さんたちが集まって
ゴミの山にもみえたすごい量の寄付品を、
どんどんきれいに仕分けしていく。
ブロックごとに棚に並べ、値札をつけ終わったら夕方の4時だった。

帰宅して30分だけ仮眠をとり、
化けなおして6時半からサッカー少年団の忘年会にいく。
どうにも疲労がピークに達していたので
私にしては珍しく一次会で失礼した。
一次会だけなのに、帰宅したら23時。
朝からほとんど家にいなかったので家事もまったくできず。
洗濯物や洗い物を深夜にする。
就寝は午前2時。

そして今日、5日(日)。
朝9時に中学校の体育館に集合したら、
バザーは10時からなのにもうお客さんが50人くらい並んでいた。
それをみた瞬間、なぜか疲れがどっと出た。(^_^;)

私の担当は食品。
当日、つまり今日の朝届いた物がたくさんあって
シュークリーム(20個700円)や新巻鮭(1500円)、鮭フレーク(100円)、
パックジュースや3連プリン・ヨーグルト(2種詰め合わせ100円)、
焼き豚ブロック(市価の半額)、肉まん(4種6個入り200円)などを
小分けしたり袋詰めしたりして値札を付け、空いている棚に並べる。
さまざまな食べ物に囲まれているのって、不思議で楽しい初体験!
開店5分で焼き豚が売り切れ、
ジュース、シュークリームなども次々に完売。

お客さんと直接接していると、
学生時代の記憶がよみがえってくる。

普段は学生兼ピアノ教師。
でもウェイトレス、マネキンなどが大好きだったので
長期の休みにはプラスしてこれらの仕事をしていた。
接客業では、お客さんが望んでいるレベルのやりとりをする。
これが案外難しいのだ。
二言三言、言葉をかわしただけのお客さんが
完売した肉まんのケースをのぞき込みながら、
「全部売れたの?よかったね!」と笑顔で声をかけてくれる。
ほんの30分前には見知らぬもの同士だったのに。
そう、この快感がたまらない。

12時過ぎには会場のほぼすべての商品が完売。
売り上げは119万円で、
仕入れを差し引いた純利益は96万円もあったらしい。
我が食品コーナーの売り上げは21万円!
そか、21万円ものお金を扱っていたんだ、という実感が
あとからわいてくる。すごい達成感。

打ち上げランチを終えて買い物をして帰宅したのが3時。
夕食を急いでつくって5時半スタート。
6時半に家を出て友達をひとり拾ってからサッカー教室へ。

んで、今です。(お迎えは友達のママの担当)

はっきり言って、ダウン寸前。
腰は痛いし生理もしっかり重なったし肩こりはひどいし眠い。
ナマケモノがこれだけ動いた数日もめずらしいだろうに。

明日は寝て曜日にする!
あ、だめぢゃん、明日もサッカー教室の日だ・・・。
がーん。
[PR]
by minorimay | 2004-12-05 21:39 | ひとりごと

やっぱりだめだ

昨夜より相棒が帰宅中。

下の子がみたがっていたスパイダーマン2を
DVDで借りてきてくれたところまではよかった。
しかし相棒は映画を字幕で楽しみたいひとで
それだと子供はセリフを追うのに精一杯になってしまう。

「(子供が)帰ってくるまでに、字幕でひととおり見ておきたい」
と言っていたのだが、見始めてから数十分で下の子が帰宅。

「下の子が帰ってきたんだから映画を始めに戻して、
吹き替えでみてあげてよ」

と、私は言いたかった。
でも、それをいうとまた機嫌が悪くなるので
仕方なく子供に

「今、みない方がいいよ。
どうせならちゃんと最初からみた方がいいでしょ?」
と言った。
が、みないように努力はするものの、
おやつを食べながらどうしてもテレビに気が行ってしまう子をみて

「おまえ、みない方がいいだろ?」
と、相棒が言った。

みたがっていた下の子の目の前で自分だけみて
それで平気なの?!
字幕じゃ子供が楽しめないことを知っているのに
吹き替え版にしてあげようとかって気づかいはないの?!

あまりにもそれが自己中心的なひとことに感じられて、
「みない方がいいだろ、なんてよく言えるね?」
と言ってしまった。

「おまえと同じことを言っただけだろ?!
おまえが言うのはよくて、オレが言うのはダメなのか?!
おまえはいつも何でもオレの言うことやることを否定して
そんなに気に食わないのか?!」
と怒り出し、DVDを止めて寝室へ行ってしまった。

私、そんなに間違ってますか?
回りの人間、特に子供たちには
もうすこし気をつかってあげてほしいっておもうのは
贅沢ですか?

もうだめ。
こんなことを繰り返していては
私、絶対に普通の生活には戻れない自信がある。

ささいなことだとわかっているのに、
自分の感情がコントロールできなくなる。

何かを投げつけたくなる。
殴りたくなる。
自分を傷つけたくなる。
冷静に判断できない自分になっていくのがわかる。
(この『理性の細いライン』が切れたときが、きっと最後なんだろう)と
いつまでわかっていられるのか不安になる。
私じゃなくなっていく私が怖ろしくなる。


やっぱりこのままじゃだめだ。
病院に行こう、と決心する。
[PR]
by minorimay | 2004-12-03 19:51 | ひとりごと