青山みのりの部屋


by minorimay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

◆そだててゆかな◆

すくわるる否すくわれぬしじみらの歌うたた寝の覚めぎわに聞く 
川の面を恋いたるごとく弓なりにしなう漁夫と上弦の月
うさぎ島うさぎの消えてぬばたまの貝のみ浜に眠りいるらし
定型の人生なんて。藍色の箱にしずもるシェル・チョコレート
泳いではわたれぬ川をあまたもつふたりしじみをそだててゆかな
川風のよせてはかえし朝露をみやびにまとう蜘蛛の巣に吹く
ステンレスボウルの澄んだ液体を最後の海として口にせむ
鋤簾(じょれん)引くしじみ漁夫の影を抱き母なる川のながれやまざり
ばか貝は捕られ笑われ捨てられて菜にもならずもの思う春
干満を橋の高さに知らしむる潮の匂いの街に生きおり

:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

今年のマラソン、5月は早々にさぼってしまった。
う~ん、このペースじゃヤバいぞ。(汗)

今回のテーマは、貝。
うちのマンションの裏は豊川(とよがわ)に面していて
春から秋にかけてのほぼ毎日、何人ものしじみ漁夫が川中にたつ。
潮のいい日には何艘もの船が出て
漁夫たちは胸まで水につかりながら鋤簾の音をひびかせている。

「鋤簾」というのは、竿の先にザルをつけたような道具で
川底をそれで砂ごとすくいあげ、
水の中でじゃらじゃらと振って貝だけを捕る。

相当な力仕事だろう
早春や晩秋はさぞや水が冷たいだろう
川の底の地形を知りつくしていないと難しい作業だろう

などと思いながら
いつもあきずに窓からながめている。

先日、うちの子の通う小学校では
豊川でしじみを捕るイベントがあった。
サンダル・バケツ・ザル・熊手・たも・おにぎり・着替え持参で
川の浅いところで半日遊ばせてもらい、
その間に母たちが大鍋でしじみ汁をつくる。
何杯もしじみ汁をおかわりして堪能し、
貝や魚や蟹をそれぞれ手にして子供たちは帰宅する。
満足し切った顔で。
こんな(母たちが)大変なイベントを企画してくれるなんて
すごい学校だと毎年おもう。

うちの小学校は豊橋駅から一番近い位置にあるのだが
しじみ捕りの日の夕方、地方ラジオのパーソナリティーが
「自然が身近にある小学校ならではのイベントですね」
といって紹介していたのが笑えた。

そう、ここだけの話、
豊橋って田舎なんです。
とってもいいところです。
[PR]
by minorimay | 2005-06-26 23:59 | 題詠マラソン2005

屋台注意報

豊橋は、祭りと花火の街である。

例えば。

節分の鬼祭りでは、片栗粉をアタマからかぶりながら
参拝客は「長寿祈願の飴」を奪い合う。
運動会の騎馬戦では、爆竹が鳴り響く。
(先生が点火して投げる。初めてみた時は信じられない光景だった。)
夏の祇園祭りでは、2時間半もの間、
打ち上げ花火と水中花火と仕掛け花火が
寸暇を惜しんで花ひらく。
町内ごとの秋祭りで笛や太鼓や舞を担当する小学生は
夏から毎週3日ほど、夜間練習に明け暮れる。
大晦日なんて、年がかわる深夜0時丁度から約30分間、
盛大にあちこちで打ち上げ花火があがる。
(どうして苦情が出ないのか不思議・・・)

で、6月すべての金・土・日曜には
吉田城跡地公園(市役所の隣)に夜店がたつ。
特別なお祭りではない。
ただ単に、公園の道沿いに屋台が出るのだ。

たこ焼き、りんごあめ、金魚すくい、トロピカルジュース、焼き鳥、綿菓子、
ヨーヨー釣り、射的、チョコバナナ、フライドポテト、富くじ、etc・・・。
果てはお化け屋敷まである。(←はっきり言ってやりすぎ)
一周みてまわるだけで、1時間弱かかる。
ここに毎週末、市内のあちこちからすごい数のひとが集まる。
意味の無い夜店って、いまだに私にはよくわからないのだけれど。

下の子は毎回違うメンバーで今年はもう3回も行ったし、
上の子も先週の土曜日に友人8人くらいとでかけた。

・・・ところが、である。

夜店から戻り、その足で私の実家へ泊まりに行ったのだが
実家へ着いてすぐからトイレ通いがはじまり、
翌日は朝から一日顔色も悪く、緑色の便まで出たらしい。
本人に後から聞いた話では
屋台で唐揚げを買って食べたところ
変な味がして非常にまずかったとのこと。
でも友人たちの手前、残すわけにもいかずに
我慢して全部食べたというので
「じゃ、その鶏肉がダメだったのかもね」などと
私は悠長に話していた。

そのことを翌日、友人Aに話したところ
「唐揚げは要注意だよ!
知り合いの子供は唐揚げで入院したことがあるし、
別の子は夜店の唐揚げが変な味がするっていうので
お母さんが中を割ってみたら、ナマだったんだって!」
・・・なのだそうだ。

鶏肉が、ナマ?
怖い・・・。
それは怖過ぎる。(^^;

唐揚げって確かに火が通りにくいし
揚げ油だって古くて悪い油を使っているのだろうけど、
子供は「唐揚げ」の3文字に目がないし
あの独特の匂いにはそそられるものがある。

でもやっぱり、屋台での肉類は要注意!
入院して三面記事に載るのもイヤだしね。
みなさま、くれぐれもお気をつけくださいませ。
[PR]
by minorimay | 2005-06-12 01:43 | ひとりごと

W杯出場決定!!!

W杯予選、北朝鮮に2-0で勝利!
これでW杯出場決定!
やった~!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

今日は早い時間の試合だったので
子供たちと一緒にテレビでみることができた。
パスミスに怒ったり、ファールに文句をいったり、
もちろんゴールの瞬間には飛び上がって手をたたいたり
そういう時間を共有できる誰かがいるのって
やっぱりうれしいし楽しい。

思い起こせば、子供たちがサッカー少年団に入って
私も必死でルールを覚えたのが4年前。
その頃はサッカーの試合をみても
何が面白いのかさっぱりわからなかったっけ。
それが今では、試合中はおちおち食事もできないほど
夢中になってみている。
こんな楽しみがひとつふえたのも
子供のおかげかな。

今、どのチャンネルを回してもサッカー一色。
こんなに日本中が騒いでいるのに
宮本がはしゃぎ過ぎてないのが印象的だった。
これなら大丈夫だね、きっと。
[PR]
by minorimay | 2005-06-08 22:49 | ひとりごと

顔の面積が広い話

先週の木曜日は歌会だった。

新しいひとがふたり参加。
ひとりはコスモスの鈴木竹志さんの教え子だったという
20才の可愛い女の子、
(ご本人の承諾を得ていないので、名前は伏せます)
ひとりは昨年暮れから仲良しの杉森多佳子さん。

おふたり共、「緊張しています」と言っていた割には
歌もコメントも堂々としたもので
それはそれは立派な歌会デビューだった。

それにひきかえ、歌会参加歴2年の青山は・・・。
聞かないでください。
歌だけじゃなくてコメントまでスランプな今日この頃。
来月は復活してみせます。(嘘)

杉森さんは別名、「悪いこびとさん2号」。
本当にアタマのいい方で、
記憶力、分析力、文章作成力などどれをあげても
私など足元にも及ばない。
しかーも!
彼女のブログを読んでいると、人柄の良さがにじみでていて
思わず「杉森さんに会いたい!(会ってるんだけど)」と
読み手に思わせるだけの魅力にあふれている。

先日も、古本屋の一件を読んで
ほろりとした。
「私、このひと好き」って思った。


んで、歌会の後の夕食タイムに
杉森さんと私が少し前からの知り合いだという話をしたら、
これまた大好きなしのちゃんから
「青山さんって顔広いですよね~」といわれたのだけれど、
「顔が広い」ってもしかして
面積のこと?(汗)
[PR]
by minorimay | 2005-06-06 00:54 | ひとりごと

日本勝利!

W杯予選vsバーレーン戦、日本勝利!!
わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

でもサントスと中田ヒデと中村が
2枚目のイエローカードをもらってしまったので
次の北朝鮮戦には出場できないらしい。
アウェイだから仕方がないのかもしれないけど
いやに日本ばかりファールをとられていたような印象をうけた。
ジーコが激怒していて、
でも選手たちはしつこい抗議もせずにプレーを続けていて
その姿はちょっとカッコいいなぁと思った。
んー、でも次に出れないのは微妙?

昨日(日付的には一昨日)の歌会のこととかは
また明日にでも。
とりあえず今日はこれで。

おやすみなさい。
[PR]
by minorimay | 2005-06-04 04:06 | ひとりごと

ひさしぶりです

いつのまにか、6月に突入。
ずいぶん長い間ここもさぼっていたなぁ。
近況報告をかねていくつか書いておきます。

5月28日(土)

下の子の小学校最後の運動会だった。
わがままで幼くて甘えん坊で気が短くて
いつまでたっても「小さい子」のイメージが抜けなかったのだが
ふと気がつけば小学校の最高学年・・・。
来年は中学生だなんて、いまだに信じられない。
(なんちゅー母だ)

下の子は、上の子が小学校を卒業してから
なぜか少しづつしっかりしてきたようで
今年は運動委員会の委員長だし、
運動会では応援団長まで引き受けていた。

残念ながら白組は負けてしまったけれど
体調も崩さずにこの日を迎えられたし、
プログラムの約半分に出場するほどがんばったし、
いい運動会だったよね。
悔いはないよね。
ママもがんばってる君をいっぱいみれて
うれしかったよ。

5月30日(月)

上の子が帰宅するなり、ひどく落ち着かない様子。
これはもしや・・・と思い、
「テスト、どうだった?
もういくつか返されたんでしょ?」と聞いてみる。
3教科返されたという。
悪い順にしぶしぶみせはじめたのだが、
なんと最後の数学が90点!!

うわー、すごい、がんばったねー!と
思いっきりほめまくった。
あんなに苦手意識が強かった教科で
こんなにいい点数がとれたなんて。
うれしい。
これだから母親業はやめられない。(笑)

本人も素直にうれしそう。
でも私がほろりとするのを期待していたようで
それはちょっとがっかりしたようだ。
実はほろりとしそうになったのを我慢したのだが、
これはナイショ。

・・・でも、他の教科は(以下省略)。

5月31日(火)

すっかり忘れていたが、私の誕生日だった。
大好きな友人から携帯にカードが届いた。
誰もみていないから、ほろりとした。

この日は清水カップ行きのメンバー21名がやっと決まって
それもとてもうれしかった。
とりあえず夏に向けて一歩前進。

6月1日(水)

今年はあきらめていた新人賞に
急に出したくなってとりあえずまとめて送った。
でも、出す前から結果がみえているような状態。
秋の歌壇はがんばらなくては。

下の子が一日遅れのプレゼントをくれた。
淡いピンクのバラと、赤いミニカーネーションの花束。
バラの色が水のように薄くてきれいなピンクで
私好みの組み合わせだった。

ありがとー!と、ぎゅっと抱きしめてお礼をいった。

ダンナからは白地に可愛いポイントの入ったポロシャツ、
義理の妹からはクリスタルガラスの花瓶、
弟夫婦からはお菓子の詰め合わせが届いた。

・・・誕生祝にお菓子の詰め合わせ?
なんかちょっと違うような気がするのは、私だけだろうか。
子供たちは喜んでるからいーんだけどさ。

さて、今から上の子のお弁当をつくらないと。
絶対に明日の朝は起きれないから。

あーーー!!しまった!!明日、歌会ぢゃん!!
( ̄□ ̄;)ガーン!
・・・詠草も今からつくります。(泣)
[PR]
by minorimay | 2005-06-02 01:44 | ひとりごと