青山みのりの部屋


by minorimay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

045:売(青山みのり)

不運なら売るほどあるが光合成すれば恵方がみえてくるはず
[PR]
# by minorimay | 2015-11-28 00:23 | 題詠blog2015
数えてもさまようばかりのひつじらを見限り次はらくだ召喚
[PR]
# by minorimay | 2015-11-28 00:22 | 題詠blog2015

043:旧(青山みのり)

いいえとは言えぬ日のあり旧仮名に散りしきる葉の音ぞかなしき
[PR]
# by minorimay | 2015-11-28 00:19 | 題詠blog2015

042:特(青山みのり)

特技とはいえないけれど可哀想なオンナのふりで散歩できます
[PR]
# by minorimay | 2015-11-27 23:21 | 題詠blog2015

041:扇(青山みのり)

上品な扇子のような言い訳をさらに削ぎつつ夕暮れをゆく
[PR]
# by minorimay | 2015-11-27 23:19 | 題詠blog2015

040:清(青山みのり)

旅先の海の青さに見惚れても清算できぬ恋のありけり
[PR]
# by minorimay | 2015-11-27 23:15 | 題詠blog2015
ひとつだけせっかく残してあげたのに木守の柿は色褪せてゆく
[PR]
# by minorimay | 2015-11-25 00:39 | 題詠blog2015

038:読(青山みのり)

読み取れぬこと多々ありて子に問うも「フツー」と閉じてしまう横顔
[PR]
# by minorimay | 2015-11-25 00:37 | 題詠blog2015

037:療(青山みのり)

やわらかい点滴のような雨を受け療養している二月のさくら
[PR]
# by minorimay | 2015-11-25 00:35 | 題詠blog2015

036:バス(青山みのり)

バス停の名のかすれたる道の先に文字を持たない海がひろがる
[PR]
# by minorimay | 2015-11-23 20:15 | 題詠blog2015