青山みのりの部屋


by minorimay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2006年5月号

距離わずか2kmといえど荷造りと荷解きの手間はおなじなりけり
午後の陽の乱反射するリビングに身をよせあえる手引き、保証書
指先をまちわびている食洗機のスタートボタンそっと押しおり ★
小夜ひとり床をみがけば暮らすとは許すことだとエアコンのいう
おぼえなき色の朝日にそまりたる「ここ」への記憶たどるつかのま

★印が掲載された歌です。

:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

先月に引き続き、馬場あき子さんの選。

馬場あき子さんには昨年、特選に選んでいただいているだけに
今年も頑張らなくては!との思いが強く、
自分なりにリキをいれて作った歌を送ったつもりだったのだが・・・。
結果はご覧のとおり。(^_^;)

今年1月の引越しを題材にした連作だが、
あらためてこうして読み直してみると
どうも、弱い。
どの歌も漠然としていて、何が伝えたいのかがわからない。

ふーん、そうか。
送る前に第三者の目でこんなふうに読めるといいのに。


・・・「いいのに」ではなく、読めるようになろう。(汗)
[PR]
by minorimay | 2006-05-22 19:11 | 短歌研究詠草